まずはFX(ドル円)を選ぶ

トレーダー・経営者向けのブログ

 当ブログは将来、FX(ドル円)で生活していきたい方向けに売買の手法を書いています。また経営者向けに店舗をGoogle化するためのノウハウを記載しており、日本全体の生産性向上に貢献することを目的としています。

1.長く売買をやっていると基準は変わる。

 今日は売買基準のアップデートをするために現在、FXの売買をする上で最も重要だと思う事柄を再度書いてみたいと思います。ここに書いている内容は以前の記事とほとんど同じものですが、復習のために再度書いてみたいと思います。

2.絶対に守るべき基準

 まずは絶対に守るべき基準について書きます。
①値幅の目盛りが10pips以上の時しか売買しない。
②押目しかエントリーしない。
③長期移動平均線の向きに順張り
④ロスカットラインは10pips
⑤連続エントリーをしない

3.基準の解説

①値幅の目盛りが10pips以上の時しか売買しない。
 これは値動きが大きくなっている時しか取引しないという意味です。値動きがない時は方向感がない相場の場合も多く、上に行くと思ったら下へ、下へ行くと思ったら上へと掴みどころがありません。また目盛りの値幅はほとんど動いてないのにチャートそのものは拡大表示されているので大きく動いているよう見えることが多いのです。このようなチャートを見続けていると心が揺さぶられて不必要なエントリーや損切りを繰り返す傾向があります(私の場合)。そのため値動きがない時はとにかく取引はお勧めしません。たまに例外的に小さい値幅から徐々に上に上がり始めて大きな相場を形成することはありますが、それは経験上思い込みで終わる場合も多いです。そういった相場を狙う時はしっかり直近の高値を更新したのを確認してから、押目でエントリーが良いと思います。

②押目しかエントリーしない。
 エントリーの基本ですが、押目かどうか分からない場合はあるかと思います。その押目の判断の目安は長期移動平均線に触れたかどうかで判断するといいかと思います。私の感覚で言えば5分足の長期移動平均線を少し割って、15分足の長期移動平均線の手前くらいが最も成功率が高いように思います。稀にじりじりと押し目を作らずに上げる場合があるかと思いますが、そのようなチャートが判断できないならあえて飛び乗る必要はないかと思います。全体の出現率から言えばかなり稀なので取れなかったからと言って大きな機会損失にはならないと思います。

③長期移動平均線の向きに順張り
 私は逆張りをしますが、取引初期の時は特に重要かと思います。売買を続けていく上で最も重要なのは長期移動平均線の押目で順張りなのでとにかく基本に徹することが重要かと思います。逆張りに自信がある時はいけば良いですが、取引の大半は順張りのエントリーだけにしておけば、想定と違った方向に向かったとしても、ロスカットラインを買値まで引き上げていれば損失を最小限に抑えられます。

④ロスカットラインは10pips
 これは短期売買の基準です。もちろん1時間足や日足で売買する人はまた違ったロスカットラインを設定しなければ、すぐに切られてしまうかと思いますが基本です。

⑤連続エントリーをしない

 相場によっては連続でエントリーした方が儲かる場合が多いかと思いますが、多くの場合は裏目に出ます。最低でも15分程度は置いてから再エントリーすることをお勧めします。相場は利益を得た人から退場していくので、どんどん値動きがなくなります。そのため一度目のエントリーが一番値幅も大きくおいしいというのがほとんどで、2回、3回と続ければ続けるほどうま味は消えます。早い段階で利益を得たら、早々に売買を切り上げましょう。 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は日足高値の更新について書いてみたいと思います。
Fxの売買をしている時、近くに直近の日足高値がある場合があります。その時、あなたが買いポジションを持っていたなら、そのまま高値を超えるのか、近くで跳ね返されて下落に転じるのか気になることと思います。その場合何を目安にポジションを持ち続けるか、一旦決済するかを判断すればいいでしょうか?

明確な目安がほしい人はOANDAやトレイダーズウェブのOrder状況を見て、その高値付近にロスカット注文が集まっているのか、売りの壁があるのかを判断します。

しかしながらそれ以外にも目安はあります。

それは過去にその高値付近で何回弾かれたのかという回数を目安にする方法です。その高値付近でまだ一度も弾かれたことがないのなら、ある程度強気に持ち続け高値を更新するという前提でトレードします。一方、過去3回ほど高値を更新しかけたが、3回とも弾かれてしまっているような場合は恐らく4回目も弾かれるかもしれないと早めに決済してしまいます。もちろん高値を抜ける場合もありますが…。
ようは回数の多さで決めるという判断基準です。しかしここで注意が必要な場合があり、何度も弾かれているのだけれど、ほとんど下に下げずに高値付近に張り付いているような状況です。このような場合は十中八九高値を更新してくるので、何度も弾かれている場合でも粘って保有します。
  このように回数だけを持って判断してもそこそこ戦える場合もあったりします。私の場合は高値を抜ける過程で、利益確定の勢がある程度集中することが多いので、1回までは弾かれていても強気で保有し続けます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.前日のダウ暴落

 昨日はダウ平均株価が−1,861.82 (6.90%)の史上4番目の下落を付けました。そんな時は翌日の日本市場も悲観して始まります。かくいう私もかなりブルーな気持ちでいました。なぜなら結構な金額で株式を保有していたからです。しかし幸い大手の主要銘柄は一切保有していなかったため、大きな下落の直撃は受けませんでした。前日に日本銀行が買い付けたETFを12の金融機関に貸し出すというニュースを受けて、ETFを借りた金融機関はそれをもとに空売りを仕掛けてくるのではないかと日本銀行の保有銘柄を調べたりしていました(笑)。

2.特に悪い日には本当に強い銘柄が分かる

 あくまでも短期売買の話ですが、相場全体が下がる状況ではある意味本当の強い銘柄が炙り出されます。前場、9時15分くらいから徐々に値段が寄り始め、本日の値上がり率№1が分かってきます。その銘柄はこのように悲観した状況でも買われるわけですから、「本当に強い銘柄に違いない。」という憶測が働きさらに資金が集まるようになります。そのため値上がり率№1でまだストップ高してない銘柄があれば買ってみるのも1つの売買方法となります。しかしもちろん翌日以降も強いとは限りません。寄付きで暴落しただけの場合、徐々に他の銘柄も上げ始めますから、値上がり率№1の銘柄でも資金が逃げていく可能性もあります。そのため相場次第ではある程度の見切りを付けて利益確定をする必要もあるかもしれません。
 このように暴落日でも買いから入って取れる場合もあるので今後の参考にされてはいかがでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ