まずはFX(ドル円)を選ぶ

トレーダー・経営者向けのブログ

 当ブログは将来、FX(ドル円)で生活していきたい方向けに売買の手法を書いています。また経営者向けに店舗をGoogle化するためのノウハウを記載しており、日本全体の生産性向上に貢献することを目的としています。

1.値頃感、割高感を捨てる重要性

 今日は値頃感と割高感について書いてみようと思います。現在、空前の安値相場です。私自身も個別の銘柄を買いたいという気持ちが出てきています。しかし自分では今は買わないように言い聞かせています。その理由は持っている含み損に耐えられなくなって結局手放すだろうと思っているからです。

2.値が下がる時の含み損をイメージしてみる。

 例えば年末の時点で300円だった株が、現在、3分の1の100円になっていたとしましょう。この先いくら下がるか分からないけれど、ここから倍々でナンピンすればある程度儲かるだろうと予想したとします。では実際に30円まで下がったケースをイメージしてみましょう。

初月100円×100株=10,000円    購入金額累計  含み損   割合
1か月後90円×200株=18,000円          28,000円   ▲1000円   3.57%
2か月後80円×400株=32,000円     60,000円   ▲4000円   6.66%
3か月後70円×800株=56,000円      116,000円   ▲11,000円   9.48%
4か月後60円×1,600株=96,000円     212,000円   ▲26,000円 12.26%
5か月後50円×3,200株=160,000円   372,000円   ▲57,000円 15.32%

6か月後40円×6,400株=256,000円   628,000円 ▲120,000円 19.10%

7か月後30円×12,800株=384,000円 1,012,000円 ▲247,000円 24.40%


累計の購入金額は100万円をちょっと超えるくらいになっています。また値段が下がるに沿って含み損も増えていますね。そして購入金額の累計に対する含み損の割合はどんどん大きくなっています。そうです。これがナンピン長期保有者殺しの含み損の正体なのです。

3.長期保有者のほとんどは売るつもりはない。しかし最後には投げてしまう。

 多くの個人投資家は安い時期に買いに入ります。しかしながら最終局面で全く売るつもりがなかった株式をプレッシャーに耐え切れず売ってしまいます。実はこのような現象が起こるのは上記のように含み損の割合が一気に拡大していくからなのです。もちろん資金に余裕があり、ロボットのようにひたすらナンピンを続けられる人は例外です。しかしながら多く人は資金に限りがあり、プレッシャーにも弱いのです。このような現実があることを始めの内から知っておいて、想定よりも下がったら早めに損切りするか、上昇トレンド入りしてから全力張りするのかを予め方針として決めておいた方が勝てる可能性が高まります。
 以上、長期保有を前提としてナンピン買いでした。つまり値頃感だけで下降トレンドの中、買いにいってしまうとほとんどの人は負けてしまう結果になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.お店のデータを取りたい、何が必要?

 今日はお店のデータを取って経営改善に繋げたいけど何を取れば良いのか迷っている方向けに書きます。私が考える必要なデータは以下のようなものです。
・音
・温度
・湿度
・空気の微粒子
・明るさ

2.各項目の重要性

 基本的にお店に来るお客様は千差万別でそのお店の商品が好きだから来るという人もいれば、店員さんとコミュニケーションをしたいから来るという人や、単に静かだから来るという人や、あのお店は花粉が舞ってないないから行くという人まで様々です。また行かない理由もたくさんあります。あのお店は店内がいつも凍えそうなくらい寒いからとか、夕方に行くと西日がすごくて日に焼けるのが嫌だから行かないなど数をあげればきりがありません。しかしながら普段お客さんがそれを口に出すことはありませんし、そいういった細かいニーズを汲み取るのも一苦労でしょう。そういった場合どのような方法で解決策を探せばいいでしょうか? 

3.各項目を計測できる会社はある、しかし...。

 各項目を計測できる機械はたくさんあります。しかしそれらは個々で揃えるとものすごい値段になりますし、できればリアルタイムでExeclやスプレッドシートに自動で記録しておいてくれるような物がないのでしょうか?もし安価でそれらを複合的に自動記録してくれるディバイスがあれば、SONYのPrediction Oneのようなソフトを使って簡単に機械学習をかけることができるでしょう。そうすればその店舗が売上に影響を及ぼしているのが、温度なのか、音なのか、臭いなのかがある程度数値で確認できるようになります。当然、データをたくさん保有しているということは売上予測も正確になる可能性もありますから、仕入れなどの量もコントロールしやすくなります。

4.何かのトラブルがあった場合もすぐに分かる。

 例えば音のデータの一覧があれば、ある日のある時間帯に物凄く大きな音の数値が記録されていたとします。店長に「○日に何かあったの?」と聞いてみると「実は顧客と従業員が喧嘩してしまいして...。」とか、「最近店内の温度が異常に高いけどどうしたの?」と聞けば「実はエアコンが調子悪いんです。」というトラブルを早期に発見できるツールになりえます。

 このように店舗のデータを知るということは様々なメリットがあるため、是非経営改善に取り組まれてみてはいかがでしょうか??

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.コロナウィルスのおかげで来客激減

 今日はコロナウィルスの猛威のおかげで来客数が激減してしまった事業者様へ向けて記事を書きたいと思います。このような突発的なイベントは事業者の方には何の責任もないので、是非生き残って欲しいと思いいくつか思いつく限りのことを書いてみたいと思います。

2.資金繰りが苦しくなる前の対応策

 まずは資金繰りが苦しくなる前にどのような対応策が打てるのか列挙してみたいと思います。

・長期間お店を閉める。
・営業時間を来客がくる時間帯のみに絞る。
・家族を労働者に加える。

3.長期間お店を閉める。

 まず検討してほしいのが長期間お店を閉めるという選択です。正社員を抱えているお店であれば難しいかもしれませんが、アルバイトだけを抱えているお店であれば従業員に説明して長期間をお店を閉めてしまいましょう。そうすれば大きな出費は家賃のみで済みます。家賃のみの支払いであれば新たな借入を行えば、ある程度長期間生き残ることができるでしょう。長期間お店を閉めてしまうと「顧客を失うのではないか?」と思われるかもしれませんが、顧客にとってお店は「開いていれば行くし、閉まっていれば行かない。」というその程度のものです。ですので顧客が全く来なくて目の前の資金繰りが苦しいならいっそのこと決断してしまった方が良いかも知れません。

4.営業時間を来客がくる時間帯のみに絞る。

 次に営業時間を来客がくる時間帯のみに絞ることについて考えてましょう。これはある程度顧客が集中する時間が分かっていて、その時間帯の来客を確保すれば損益分岐点を超えられそうな場合です。こういう場合であれば、営業時間を絞るだけで対応できるかもしれません。

5.家族を労働者に加える。

 これは禁じ手中の禁じ手ですが、家族を労働者に加えて働いてもらいましょう。通常の経営であれば家族を労働者を加えた時点で、潰れるサインとされています。これは長時間無償労働が可能なため経営者もそれに甘えて、ズブズブになってしまうため一度この方法を採用してしまうとなかなか抜け出すことができなくなるためです。しかしながら今回のような外出自粛のような異常事態ではそれもやむおえないでしょう。自体が収束したら絶対に手伝いを止めてもらうことを心に決め、交渉するのも手です。

以上、私なりの個人解決策でした。ご参考にされて見てはいかがでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ