まずはFX(ドル円)を選ぶ

トレーダー・経営者向けのブログ

 当ブログは将来、FX(ドル円)で生活していきたい方向けに売買の手法を書いています。また経営者向けに店舗をGoogle化するためのノウハウを記載しており、日本全体の生産性向上に貢献することを目的としています。

1.事務所可物件の特性を知ろう

 今日は開業時の事務所選びについて書いてみたいと思います。トレーダーの方が独立開業した場合、できれば個人事業主として登録し、事務所の家賃を節税に役立てたいと考える方も多いと思います。そのため事務所を借りようかどうか悩んでいる人も多いかと思います。しかしながら独立当初は資金繰りの心配もあるためできれば、マンションなどの事務所可物件を借りて全体の家賃を抑えつつ、家賃の一部を経費として扱うのが一般的ではないでしょうか?通常、事務所可物件はマンションの管理規約で事務所として扱っても良いかどうかが決まっています。そのため賃貸マンションであれば、募集の内容を見れば書いてありますし、一部屋、一部屋持ち主が違う分譲賃貸マンションのような場合は管理規約でOKしていても、部屋の持ち主が禁止している場合もあるので、実際に内覧する時に確認されることをおすすめします。また物件によっては敷金を1ヶ月分積み増する必要があるとか、お客さんが訪問してくるような業態は駄目とか様々なルールがあったりします。

2.注意点

 基本的な注意点として、事務所可物件に限らずそもそもトレーダーとして審査に通るのか最初に考える必要はあります。もしあまり儲かっていない段階で独立するのであれば、会社勤めのうちに借りてしまうか、1年分の家賃を前納する等、ある程度こちらから提案する用意は必要です。もちろん大家としては保証会社の審査さえ通れば、家賃を取れないことはないので信用情報が傷ついてない人はすぐに借りられるかもしれません。トレーダーに限らず事務所可物件を選ぶ最大のポイントは防音性だと思っています。家族が入れば隣から声が聞こえてしまいますし、お客さんを呼んだ場合も話し声が漏れてしまいます。また事務所可物件は比較的駅近の立地に位置していることが多いので外の騒音が聞こえやすい環境にあります。そういった面でも防音性は第一条件として考えた方が無難です。
 事務所としても使うのだから広い目のところがいいだろうと考え、80㎡を超えるようなところもおすすめしません。将来、やっぱり事務所を別に借りたいと考えた場合、恐らく社宅扱いにすることになると思いますが、豪華社宅240㎡、小規模社宅132㎡など税制上不利になる場合が多いからです。
 以上、これらをご検討の参考にして頂ければと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.物を売ることとは何か?

 今日は「物を売る」ということについて考えてみたいと思います。商売の基本である物を売るという行為はどのようなことなのでしょうか?私はこれを「結論ありきの言葉遊び」であると考えています。こと銀行や証券の営業マンの方でなどで「お客さんはこれを買っても儲からない。本当にこの投資信託を売ることが顧客のためになるのだろうか?」と葛藤されている方は多いと思います。これは手数料が高いことからかなりの値上がりが見込めないとその手数料分もペイしないことから、ある種金融業界では常識なのです。しかしながらどんな業種においても、自社製品を上回る製品というのは存在するので多かれ少なかれ、そのような葛藤を抱えながら営業をされている方は多いのではないでしょうか?

2.顧客第一主義という哲学的袋小路

 一度、このようなことを考え始めると特定の方は「本当は顧客のためになってないんじゃないか?」、「もっと顧客のためになる提案があるんじゃないか?」という迷路に迷い込んでしまうこともあるかと思います。ただこのようなわだかまりを抱えて仕事をしていては、目の前の成果を上げることはできないものです。あくまで売るという役割を与えられた以上、建前なしに書けば顧客が得しても、損しても売らなければならない訳です。もちろん本当に顧客のことを考えて「損すると思ったら売らない」という選択肢は取ることはできます。所詮、サラリーマンですから営業をしていれば、成果が出ようと出まいと最低額の給与はもらえるわけなので。

3.自分の正義を貫きつつ、成果を出すためには何をしなければならないか?

 のらりくらりやって行くのに抵抗がない人はそれで良いかもしれませんが、自分自身が成果を出せずにいることに対して我慢できない方もいらっしゃるでしょう。そういった方はどのようにすれば良いのでしょうか。そこで冒頭に書いた言葉を思い出してほしいのです。私は商売とは「売るという結論ありきの言葉遊び」の世界だと思っています。何かを売ろうと思った時、例え話を考えてみたり、データを引っ張って来て根拠を示したり、論理的に見えるように話を組み立てたり、人は色々な工夫をします。このような営業トークを大真面目に科学的な視点で分析し、考え、検証するとボロボロに見えてしまうのは当然なのです。だってそもそも初めから結論が決まっているのですから。しかしこのような一見して無意味な言葉遊びの技術も極めれば、色々な物が売れるようになります。結果的に顧客の利益になる商品を扱えた時や、必要としているお客さんに出会ったタイミングで営業できた時、きちんと売ることができ、役に立てるようになるはずです。そのためにできるだけ多くの人にアプローチしなければいけませんし、本当に顧客の利益になる出会いがあったら確実に決めなければなりません。そのような行動を繰り返していけば、「俺はあえて手数料の高い投資信託を買って、儲けを出し、周りに投資の力を誇示したい。」という変わったニーズを高確率で掘り起こせるようになるかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.ある都内の小学校事情

 今日はある都内の小学校のテスト事情について書いてみたいと思います。多くの親御さんは自身のお子さんが学校の授業について行けているかどうか気になるところだと思います。うちの子は将来大丈夫だろうかと心配になることもしばしばかと思います。そこで今回は都内の小学校のある1例を赤裸々に取り上げることによって現状を少しでも正確に把握してもらおうと思います。

2.テスト

 今回取り上げる小学校は五つ星でいうと3.4のいたって普通の公立小学校を取り上げます。あくまでの一例ですので、これが都内の小学校の全体のイメージではありません。ただ有名私立のような人気校ではないので母集団にはある程度近いかと思います。
 さてそのインタビューした人は小学校はほぼ全科目6年間オール100点だったそうです(一学期に1つくらい95点があったかもしれないと言っていた)。この話を聞いて単純に「その人がすごいだけなんじゃない?」と思うかもしれませんが、大体周りの友達も100点くらいだったそうです。たまに悪い人で80点の人がいるくらいだそうで、60点とか取ろうものなら前代未聞的扱いだそうです。私が通っていた地方の小学校は点数の取れる子はたまに100点は取っていたと思うが、点数の悪い時は普通に30点とか取ってたと思う。

3.中学受験に向けての塾通い

 なぜこのような差が生まれるのか不思議だったので聞いていくと都内の小学生はほとんど中学受験に向けて塾通いをしているからテストに出る問題は予め知っているのだそうです。中学受験に出る範囲が10だとすると小学校で習う内容の範囲が2くらいだそうなので「知ってて当然」という感覚なのだそうです。だから予め塾で習ったものが小学校のテストで出ている感覚なのだそうです。これを聞いてなるほど小学校の間で既に地方と都内では相当な学力差が生まれているのだなと気付かされました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ