まずはFX(ドル円)を選ぶ

トレーダー・経営者向けのブログ

 当ブログは将来、FX(ドル円)で生活していきたい方向けに売買の手法を書いています。また経営者向けに店舗をGoogle化するためのノウハウを記載しており、日本全体の生産性向上に貢献することを目的としています。

1.付加価値の創造性はどこに向えばいいのか?

 「ビジネスで売上を伸ばすためには常に付加価値を創造し続けなくてはならない。」というのを聞いたことがありますでしょうか。この原則についてはGDPの計算方法をご存じであれば、異論はないかと思います。一方でその創造の方向性についてはどこに向かうのが正しいのでしょうか?新しい商品を開発して提供することでしょうか?私は近年の消費者の傾向を見ていると「空間のクオリティーを上げることが先決ではないか?」と考えるようになりました。

2.空間のクオリティーを優先する理由

 私が空間のクオリティーを優先する方が良いと考える理由は、空間の付加価値の創造は従業員の工数を増やさないと考えているからです。新しい商品の開発はこれまでの作り方の手順を変える必要もありますし、新しい手順を従業員に伝えていかなければならない。機械で製造するなら新しい機械を導入しなければなりません。製造に必要な人数が増えるような商品なら従業員の早期退職を募集することも難しくなります。一方、過ごしやすい空間を作るのは一時的には労力がかかりますが、一度作ってしまえば仕組みとして売上に貢献し続けてくれます。

3.なるべくお金をかけずにより良い空間を作るには?

 まずより良い空間の要素について考えてみましょう。私の考える要素は以下の4つです。

①音
②臭い
③メリット
④見栄え

上記の順番でお金をかけずにクオリティーを上げることができると思っています。

4.音

 お店の音と考えるとメロディーを流すというようなことを考えることが多いと思いますが、音をなくすという努力が最もコストパフォーマンスが良いです。例えば業務で使っている容器がガラス製の物なら机と触れた時大きな音がしてしまうので、プラスチック容器に変える。100円ショップでスポンジのクッションシートを買ってきて作業台の上に敷くなど、お店の内部で生じる業務の作業音を徹底的に消す努力をすると、とてもお客さんが過ごしやすい空間が作れます。カフェなどのエスプレッソを作る時大きな音が聞こえてくるとよく分かると思いますが、業務上で発生する音は思った以上にお客さんに不快感を与えています。

5.臭い

 お店の臭いに関しても比較的お金がかからない物の1つだと思います。お店の食品から変な臭いをさせないというのはもちろんですが、消臭剤や芳香剤を選ぶ場合もお店のコンセプトに沿ったものを選んでいるかをチェックすると良いかと思います。店内が木目調作りになっているのにシトラスの香りを漂わせるのは少し違和感があるかと思います。そういった場合は杉の香りなど方向性を統一することが必要かと思います。またお店の中だけでなくお店の外の臭いについてもチェックしておくとお勧めします。日常的に薬剤を使う系統のお店だと下水などからその業態独特の臭いがするようになります。そういった場合は下水の洗浄する必要もあるかと思います。

6.メリット

 その空間に行くと何らかのメリットが得られるというのも重要です。Wi-Fiが使える。充電ができる。コーヒーが飲める。ただこれらは継続的に原価がかかるためある程度計算の上、導入する必要があります。また今回コロナウィルスが流行ったことにより、店内を抗菌シートや空気清浄機、机の抗菌加工などの「抗菌性」が新しい付加価値になるような気がしています。うまくアピールできれば、そういった客層を掴めるのではないでしょうか?

7.見栄え

 最後にお店の見栄えですが、これはお金が掛かる物とそうでない物に非常に開きがあります。一番良いのは壁紙を張り替えると雰囲気をがらりと変えることができます。また最近都内ではバルーンの専門店なども出てきており、そういった装飾も面白いかもしれません。

店舗経営者には苦しい時期に差し掛かっていますが、大手のチェーン店はこれを機に大規模な改装をしているところも見受けられます。小規模店舗におきましては、キャッシュの確保が優先かと思いますので改装とまではいかないかもしれませんがお客様が来ない間にできる工夫はあるかと思いますので試してみてはいかがでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.暴騰、暴落時のロスカットライン

 今日はロスカットルールについて書いてみたいと思います。私は最近、10pipsで固定していたロスカットラインをチャートの目盛りに合わせて変更するようにしました。例えば値動きが激しくなり、20pips刻みになれば、それに合わせて20pipsにしますし、5pipsのように小さくなれば、5pipsにしました。

2.なぜロスカットルールを変えたか?

 本来、私の性分としてロスカットルールを変えるとルールが守れなくなるような気がしていて変えない方針でいました。しかしながら今回のような暴騰、暴落が続く相場ではどんなにエントリポイントが良くても、50pips刻みの相場では10pipsなど誤差の範囲内、まるで溶鉱炉に飛び込むシュワちゃんのごとく一瞬で「ジュッ!」と消えてしまいます。これではエントリーする意味がそもそもないなと感じるようになったのです。もちろんこういった相場を全てスルーしても良いのですが、値動きのある相場にこそエントリーしてしっかり儲けを出す癖をつけていかないとこの先生き残れないなと感じています。

3.損失の額を気にしない

 そういった方法を取ると当然、ロスカットになった場合、1回当たり今までの2倍、もしくは5倍の損失が積み上がるようになります。しかしながらそれを気にしていては、大きくリスクを取って勝負ということがそもそもできないし、値動きに対する精神的な免疫がいつまでも付かないことになります(毎回一喜一憂してしまう)。そういった状況は自分にとって成長のチャンスを逃しているなと感じるようになりました。
 もしリスクコントロールしたい場合は、発注量を減らせば済むことですし、当面はこのルールで対応しようかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.会社を設立する目的

 今日は会社の目的を捨てる重要性について考えてみたいと思います。一般的に会社を設立するには目的があります。例えば「食品を通して、国民を健康にしたい。」とか、「住宅の提供を通して、快適空間を提供したい。」などです。多くの経営者はこのような様々な目的を持って会社を設立し、運営しています。上記のような会社の目的がある場合、その事業を止めると目的が達成できない訳ですから、当然既存の事業の撤退もできなくなります。しかしながら社員のやりたい事業を新規事業として採用し、既存の事業を撤退させていく方が会社としては好循環になる場合もあります。

2.社員の好みで新規事業を起こしていく。

 こと社員に新しい事業にチャレンジしてほしいと考えた場合、社員のやりたい事業をさせるのが一番です。しかしながら多くの社員はビジネスの勉強をしているとは限りませんから、アクセサリー販売とか、アプリ開発とか非常に月並みな意見しか出てこないのが現状です(アクセサリー販売やアプリ開発が悪いというのではなく、非常に安直に考えてその結論に至っていることが問題なのです)。そのような意見を聞いてしまうと経営者としてはどうしてもその事業をやろうとはなかなか決断しにくいことでしょう。事業の選定は必要だとは思いますが、経営戦略に対するアドバイスは経営者としてできる訳ですから、なるべくやるという前提で採用することでモチベーションを高く保てるはずです。

3.既存の事業は廃止していく。

 また新しいチャレンジを社員にさせるということは「既存の業務を誰に任せるのか?」という問題が出てきます。なぜなら社員がチャレンジしない原因の一つに『仕事が増えてこれ以上大変になるのはいや。』というものがあるからです。これについては廃止に向かってソフトランディングさせるため誰かが担当しなければなりません。この業務はできる限り幹部の方が担当するのが望ましいでしょう。理由として少ない人数で最後まで顧客にきちんとサービスが提供されるよう努めることがとても難しいというのはもちろん、できれば今抱えている顧客をそのまま新しい事業に移行していってもらうことが重要だからです。このような顧客の移管は通常の社員のコミュニケーション能力ではなかなか難しいでしょう。
 このように社員のやりたい事業をさせることで、意欲と責任の双方は生まれるかと思います。既存事業に対して閉塞感があると考えられている経営者の方は試して見てはいかがでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ