まずはFX(ドル円)を選ぶ

トレーダー・経営者向けのブログ

 当ブログは将来、FX(ドル円)で生活していきたい方向けに売買の手法を書いています。また経営者向けに店舗をGoogle化するためのノウハウを記載しており、日本全体の生産性向上に貢献することを目的としています。

2018年07月

とにかく不安定な選択肢を選び続ける大切さについて書きたいと思います。 「金持ち父さん貧乏父さん」にもある書いてあることなのですが、基本的に安定と自由は背反する概念となっています。 収入の浮き沈みがある方がリターンが高い場合が多いですし、結果が良ければ仕事をしばらくやらなくても生活していける場合もあるわけです。 一方、一定の収入があるということは一定の労働を提供しなければならない場合が多く、権利収入でもない限り休むということは難しくなります。 例えば現在営業の仕事をしている方は完全歩合(フルコミッション)の営業をやってみるとか、事務職であれば、歩合性の高い職種に移るなど色々な方法があります。 人はどのような環境になれば満足できるのかという問題をたまに考えるのですが、「やりがい」や「好きな仕事」という考え方を除いた場合、周りの人より圧倒的な速さで収入が伸びる可能性のある仕事に就くのが、満足に繋がるのではないかと考えています。 収入が下がった場合でも自己責任であるのでそれはそれで納得できますので。 特に独立をする時の最初のハードルであるこの収入が不安定さは分かっていても実際体験すると相当精神的に応えます。 私は独立して1年経ちましたが、当然収益が上がらない月もありました。 ただこれでも1年以内に50%が廃業するという世界で、アルバイトもせずに生き残ったことは1つの自信にはなりました(私の場合スタートからかなり調子が良かったということもありますが...)。 ただ私の場合は株式などを含めれば10年以上の売買経験があったので、独立するのが相当遅かったというだけかもしれませんが。 ただ1つ言えることは不安定な環境に置かれると、人はその中で「どうやったら儲けることができるだろうか?」と考えるようになるので、1つ1つのノウハウがついてくれば、段々と不安定が不安定でなくなります。 これが少しでも理解できると、頭の片隅にあると、ネガティブな気持ちを持たずにそういった世界に飛び込めると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は名前に価値が積み重なるということについて書きたいと思います。 サラリーマンをしていた時は全然わからなかったのですが、ソーシャルメディアに顔出し本名出しをすることで、自分がとった行動や発言が知名度という価値として積み上がっていくことを意識する必要があるということです。 もちろん良い意味でも悪い意味でもそうですが、いざ自分がビジネスをやろうと思った時、色々な方向性に効いてきます。 将来、起業をされようと考えられているでビジネスモデルを考えているとか、そのビジネスの勉強をしているという方は多くいらっしゃいますが、この名前の知名度を積み上げる努力をしていらっしゃる方は非常に少数かと思います。 無理にTwitterで炎上する必要はないかと思いますが、人と違った方法でどうやったら、自分自身の知名度を上げていけるのかをかなり重点を置いて対策していると成功される可能性が高いと個人的に考えています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日はFXの相場解説をします。 以下のチャートを見てください。 上記は突然上昇が始まって、すぐに下落に転じたチャートです。 黄色線で高値を付けた後、それを抜けずに長期線で反発せずに黄色〇の陰線が連続して出現しています。 この場合一度戻して長期線に再度触れた赤〇で売り注文を出します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日はFXの相場解説をします。 以下のチャートを見てください。 上記のチャートは下落してきたところに黄色〇の部分で断続的に買いが入り、上げ相場に変わったチャートです。 このように断続的に陽線が連続で出現し、なおかつ長期線も平行か上向きになったタイミングの赤〇で買い注文を入れます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日はFXの相場解説をします。 以下のチャートを見てください。 上記のチャートは下落が始まった時のチャートです。 まず昨日の日足の高値が113.14円でした。 その高値を当日抜けて大きな陽線ができています。 しかし高値を超えたにも関わらず、上げていくことをせず、陰線が連続して出現し、なおかつ長期線で反発するはずのタイミングでも、ちょっと上げた後にすぐに下落が始まっています。 この場合黄色線にそってものすごい金額で売られているのではないかと考えられます。 このチャートはたまに出現するパターンです。 この場合赤〇で売り注文を出すことになります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ