今日はFXの相場解説をします。

以下のチャートを見てください。
2019年10月4日
上記のチャートは上昇に転じたチャートです。

この時は売り注文がほとんど勢いがなかった相場でした。

しかし買い注文も弱かったのでじりじりと安値を更新していましたが、黄色〇のところで大きな買戻しが入りました。

この時、売り方の人達に焦りが生まれ、上昇へと転じたものを思われます。

この場合1つ目の赤〇か2つ目の赤〇で買い注文を出します。

恐らく、1つ目赤〇で注文するのはかなり難易度が高く、ダマシも多いと思いますので2つ目を狙うのがセオリーかと思います。

2つ目を狙う心境としてしては、「あっ!(黄色〇のところ)大きい買戻しが入った!これは上昇するかもしれない。(1つ目の赤〇のところ)やっぱり買い注文が入って上昇した!次の押目には入ろう。(2つ目の赤〇のところ)下髭が連続しているし、長期移動平均線まで落ちてこないな買おう。」という感じです。

今回のポイントは上昇前の長期移動平均線がかなりなだらかだったこと。

売り注文がほんの少ししか出ていなかったこと。