まずドル円ができるようになりたい方のブログ

FXを生活の柱にしたい方のためのブログです。

このブログはFX、特にドル円にフォーカスして書いています。 『金融商品はたくさんあるけど、出来るだけ勉強を抑えて、最短で食べていけるようになりたい!』という方向けに書いています。 またミニマムな生活スタイルの確立方法や必要な考え方など食べていけるようになるまでの付帯的に必要なことについても触れています。 経営や教育についても書いてます。

今日は仕事の壁について書いて見たいと思います。

私はサラリーマン時代、多くの仕事の壁に出会いました。

ミスを重ねてしまう壁、連絡等のリレーションの壁、呑み込みの遅さの壁など思い返せば色々とありました。

組織で働く場合、1人、1人に役割があって、1人、1人がきちんと機能することによって、完成物ができます。

そのためミスで機能していない人がいたら、ミスをなくして機能させないといけないし、リレーションがうまくいってなければ、伝え方を工夫させて連絡網が機能するようにしなければなりません。

これは組織で働く以上、自己解決して乗り越えていかなければならない壁です。

もちろん他人に確認してもらうことでミスは減らせますし、咀嚼がうまい人が間に入ってリレーションをサポートすることはできますが、それをすれば1つ工程にリソースがダブってかかるため、人件費の無駄遣いです。

組織の人間一人一人がきちんとできるようになることが必要です。

一方で、その壁を乗り越えるのにかかる時間は人それぞれで、1度課題に気が付いた時点ですぐに解決してしまう人もいれば、課題の解決の重要性に気付けないそのままの人もいます。

これをこと独立に当てはめて見ると、必ずしもこのような方向性が正しいとは限りません。

それは1人で事業をスタートする場合、その活動によって儲けが最大になることが最重要であって、個人の課題を解決した先に最大の付加価値が生まれないならば、その課題を解決するよりも別の活動を行った方が効率的だからです。

例えば、経理にミスが多いならお金をかけて外注すれば良いし、リレーションがうまくいかない人がいる場合、その人ととの仕事をやめてうまくいく人だけで仕事をすればいいのです。

もちろん、自身の課題はいつか解決しなければならないものとして残り続けるわけですが、意思決定の権限を持っている立場になるとそれを外のリソースを使って解決することができるようになります。

そのため独立した場合は自分が得意な儲けの最大になる事業だけに注力して、その他を補完してもらうという方法が最適な行動となります。

もし、現在得意なことがあってそれで儲けを生み出せると分かっているなら、独立した方がうまくゆく可能性もあります。

そのため今抱えている課題を解決した先に何が待っているのかしっかりと考えて行動する必要があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット