まずドル円ができるようになりたい方のブログ

FXを生活の柱にしたい方のためのブログです。

このブログはFX、特にドル円にフォーカスして書いています。 『金融商品はたくさんあるけど、出来るだけ勉強を抑えて、最短で食べていけるようになりたい!』という方向けに書いています。 またミニマムな生活スタイルの確立方法や必要な考え方など食べていけるようになるまでの付帯的に必要なことについても触れています。 経営や教育についても書いてます。

今日は私の考える分業の方法について書いてみたいと思います。
例えば退職間近の社員600万円の人がいたとします。

既に退職日は1ヶ月後に決まっておりこれを機会に分業体制にしようと考えています。

ここから私が考える分業プランを書いてみます。

まず最初に3名を派遣社員で200万円で雇うことで、業務を3つに分割しより少量化をして割り振る予定でいます。

まず最初の業務の引継ぎを受ける時は派遣社員Aとシステム担当1名の2名体制で引継ぎを行います。

そこで派遣社員Aとシステム担当が話し合いながら、RPA化できるところを検討して実装していきます。

次の業務の引継ぎについては私と派遣社員Bで引継ぎを行います。

そして最後の業務は実装の終わったシステム担当と派遣社員Cが引き継いで同様に業務の遂行と実装をします。

ここまでくればわかると思いますが、最後の派遣社員Cの業務の実装が終われば晴れて完了です。

実装できない判断が難しい業務に関しては残った3名で知恵を出し合いながら進めてもらうという方法を取ります。

この方法のいいところは、最終的に業務量が減ってより頭を使うべき業務に時間と人材のリソースをしっかりかけられるようになるところです。

この方法の鍵はシステム担当が1週間程度で、実装を終わらせられるかどうかにかかかっています。

判断の難しい業務を行うには、どこを勉強すればいいかピンポイントで学習の方向性を派遣社員3名に示せるかどうかです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット