まずドル円ができるようになりたい方のブログ

FXを生活の柱にしたい方のためのブログです。

このブログはFX、特にドル円にフォーカスして書いています。 『金融商品はたくさんあるけど、出来るだけ勉強を抑えて、最短で食べていけるようになりたい!』という方向けに書いています。 またミニマムな生活スタイルの確立方法や必要な考え方など食べていけるようになるまでの付帯的に必要なことについても触れています。 経営や教育についても書いてます。

今日はトレーダー関連の事件についてどう思うか書いてみます。

昨今、トレーダーが絡む事件がいくつか起こっています。

某ハンバーガー社の経理系部門で資金を持ち出してFXで7億円溶かしたとか、オンラインサロンを経営していた方が薬物で逮捕されたとか、過去を遡れば切りがありません。

全てがそういうケースではないですが、大方は資金がなくなって、親類から資金を集めたり、金融機関や消費者金融からお金を借りたり、会社のお金を横領したりという筋書きを辿っているように思います。

このようなニュースを初めて目にした方は衝撃を受ける方もいらっしゃるかも知れませんが、トレーダー関連のニュースは昔からこうなのです(ストーリーはほとんど一緒)。

私なんかは経理系のキャリアが長いのでこういうニュースが流れると、もう経理部門での転職はできないだろうな~と感じています(人事の人もFXをやっている人間を普通は推さない)。

さてどうしてもトレーダーというと世間のイメージが悪くなってしまいがちですが、その原因のほとんどは勝負に負けてお金がなくなることに尽きます。

これからトレードで独立しようとしている方は、まずお金が無くなった時どうするのかということを真剣に考えておく必要があります。

上記で書いたように最悪の場合、キャリアによっては転職できない可能性もあります。

一番、手軽な解決策としてはクラウドワークスのような業務請負で月15万円くらい稼げるようになっておくと最悪転職できなくても、食うに困るということはないので1つの方法かもしれません。

ただ、一方で投資で生きていくということは、1日の時間のほとんどをその勉強に費やす必要があります。

片手間で儲かるようになるには数年単位の時間がかかります。

当然といえば、当然ですよね。

この業界に入ってくる人達は、「何としても稼ぎたい」という方がほとんどで、その相手と同じ土俵に立つのですから。

恐らく入口から気合の入り方が他業界とは全く違います。

ただそれを言ってしまうと「やっぱりプロには勝てるわけがない」と考えてしまう方もいるのでやはり取り組む時の考え方を書いておく必要はあるかと思います。

いつもトレードの練習をする時、頭で「何とかして勝つ方法はないか?」と考えて欲しいのです。

これは何も脱法スキームを編み出せと言っているのではなくて、どこかに糸口があるという前提で取り組んでほしいということです。

恐らくきちんと勝てるようになるまで、精神的にすごくしんどい時期を過ごすことになると思います。

いえ、正確には儲かるようになっても、負けが込んだりしてそのようなしんどい時期は断続的訪れるのですが...。

トレードで生活するというのは常にそういう環境に身を置くことだと思ってください。

トレードで生活していくことに対してネガティブなイメージを持たれがちですが、地道にやっていけば道は開けると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット