まずはFX(ドル円)を選ぶ

FXを生活の柱にしたい方のためのブログです。

このブログはFX、特にドル円にフォーカスして書いています。 『金融商品はたくさんあるけど、出来るだけ勉強を抑えて、最短で食べていけるようになりたい!』という方向けに書いています。 またミニマムな生活スタイルの確立方法や必要な考え方など食べていけるようになるまでの付帯的に必要なことについても触れています。 経営や教育についても書いてます。

今日はFXの相場解説をします。

以下のチャートを見てください。
2019年12月4日 1
上記は大きく下げた後、さらに下げ続けたチャートです。

多く人が経験のあることかもしれませんが、「大きく下げたため下げが始まったと思い、売りから入ったけれども突然、切り返し買い優勢になってしまい損切りさせられる。」そんな経験はないでしょうか?

大きく下げた後、さらに下げ続けるかどうかは非常に判断が難しいですが、私なりの判断基準を書いてみたいと思います。

ずばり直近高値から50銭以上下げたら、その後も下げが続く可能性が高いと考えています。

基本的に下げの後、切り返して直近高値を超えてくるのは、最初の下げ幅が大きければ、大きいほど難しくなります。

値幅があればあるほど、その後買いが続かないと直近高値を超えるのは難しくなるからです。

その判断の節目として50銭という目安を持っています。

20~40銭くらいの下げであると、比較的切り返す場合が多くなります。

もちろん20~40銭の下げの後、売りでエントリーしないかといったらそんなことはないのですが、可能性としてそういう傾向があると考えているというだけです。

今回のチャートを見ると109.30で一度切り返そうとして失敗しています。

これを見ても売りが強かったのだということが判断できるかと思います。

こういった時は50銭を超えた後、押目で売りから入るのが安全かと思います。

間違っても、50銭超えた瞬間に売りエントリーしないように注意してください(逆に振った時にロスカットになります)。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット