今日はFXの相場解説をします。

まずは以下のチャートを見てください。
2019年12月19日 1
このチャートは上昇が続いた後、値段を下げ、しばらくもみ合った後、下落に転じたチャートです。

今回の一度目の下げは直近の安値を割らなかったため、深く沈みこんだ押目かもしれないという疑念は残りつつも、黄色の矢印の方向へ長期移動平均線が向いている時にローソク足が下から突き抜けるという展開はかなり稀で、恐らく下がるだろうという予測がたちます。

この場合、赤〇で売り注文をします。

もし、自信がなければ揉み合いが長く続いていたので、その後下げ始めてからエントリーする方が安全かもしれません。