まずはFX(ドル円)を選ぶ

FXを生活の柱にしたい方のためのブログです。

このブログはFX、特にドル円にフォーカスして書いています。 『金融商品はたくさんあるけど、出来るだけ勉強を抑えて、最短で食べていけるようになりたい!』という方向けに書いています。 またミニマムな生活スタイルの確立方法や必要な考え方など食べていけるようになるまでの付帯的に必要なことについても触れています。 経営や教育についても書いてます。

今日はフラッシュモブで集客を考えてみたいと思います。

まずご存知ない方もいらっしゃると思うので説明すると、フラッシュモブとは、予め打ち合わせをしておき、突然街中で通行人がダンスを始めて周りの人を驚かせるようなプロモーションです(スカイツリーなどで見かけます)。

EMOTION RISEなどのフラッシュモブの企画代行会社を使って企画やダンサーを用意します。

このようなプロモーションで集客する方法について考えてみたいと思います。

まず場所です。

場所は日常的に人通りの多いところが望ましいです。

多くの人の目に触れなければ、SNSなどの拡散効果を期待できませんし、集客の効果も限定的でしょう。

次に誘導です。

フラッシュモブが始まって、周囲の人を驚かせたはいいものの導線を引いていなければ、「びっくりしたね~」と帰ってしまいます。

終わった後に撮影用の時間を設けて、バックに必ずお店が写るようにしたり、メッセージボードなどを用いると良いかも知れません。

最後に採算です。

多額の広告費を投下するこのようなプロモーションは回収見込みが非常に大切です。

1回だけでは効果が限定的で、2回、3回と継続すればするほど、そこに人が集まるようになります。

一方で、多くの人を使ってやるわけですから金額も馬鹿になりません。

厳密に回収できるかどうかはもちろん見通しは立たないかもしれませんが、事前にフラッシュモブを使用して広告を出した場合どのくらいの人の注目を集められるのか計算しておきましょう。

もし周りのお店もプロモーション方法を探している場合は、近所のお店で費用負担し合って企画するのもありです。

以上、フラッシュモブの集客でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット