1.再開するに当たってのポイント

 今日から久しぶりに株のトレードを再開します。これまでずっとお休みをしていたので、何だか要領を得ない感じです(汗)。再開するに当たってポイントを予め決めたいと思います。ポイントは以下の通りです。
・スイングトレード(決済5営業日以内、休みを跨ぐのは有り)
・値動きの激しいもの(仕手株を含む)
・ロスカットラインは日足の直近安値
・チャートは押目のみエントリー(ブレイクアウトは狙わない)
・テーマ別の中で一番強い銘柄を狙う

2.なぜスイングトレードにしたのか?

 もちろんデイトレードでも良かったのですが、日足で売買をできるようにしたかったためスイングにしました。相場が急落した場合は損切りするのでデイトレになるかも知れませんが、とりあえずこれでいきます。

3.なぜ値動きの激しいものなのか?

 私はこれまで値動きの激しくない時価総額が高く流動性の高い銘柄ばかり手を付けてきました。しかしながら短期で大きく資産を成長させることが出来ていない現状を見るともう少しリスクを取って、大きなリスクのコントロールの方法を学ぶ必要があると感じたため(資金管理も含めて)。

4.なぜロスカットラインを日足の直近安値にしたのか?

 本来のロスカットラインの適正額は資産総額の2%と言われているそうです。しかしながら値動きの大きい株は2%など一瞬で引っ掛かってしまうため、直近の安値としました。あくまで資金管理を調節することで対応していこうと思います(最小単位で買うなど)。

5.なぜチャートは押目のみエントリーするのか?

 正直チャートの形によってブレイクアウトを狙ったり、ダブルボトムとかもいきたいのですが、1つ1つの手法で継続的に儲けを出せるようになることが結果的に近道だったりするので今回はそういった方針にしました。もし他のポイントで取りに行きたくなったらシュミレーションで対応しようと思います。

6.テーマ別の中で一番強い銘柄を狙う

 ひとまずテーマ別で一番強い銘柄の押目だけを狙っていこうと思います。相場が軟調な時は材料物色が中心になると思うのでそのような戦略にします(しかしその後日経平均が上げ続けるような大型株中心の相場になったら冷や汗ものですが)。

 さてこれから心を新たに新年をスタートしますが(と言っても2月ですが)、今年の新しい挑戦は株式としたいと思います(本当は全然新しくないのですが)。