1.何を売買したのか?

 今日は株式の売買日記を付けたいと思います。内容は以下の通りです。
 銘柄:国際石油開発帝石(1605)
 損益:▲0.5%
 買い:2020/02/13 1,070.4円
 売り:2020/02/13 1,065.0円

2.なぜ買ったのか?

 多くの指標が軟調な中、原油が0.5%ほど上昇していたので、原油関連株を買おうと決めた。
国際石油帝石(5分) 1
寄付きは窓を開けて寄り付いたので、半分くらい埋めたところで買い注文を出した。

3.なぜ売ったのか?

 その後もズルズルと下げ続けて、窓を全部埋めそうだと感じたため損切りした。窓を開けてもなお上げ続ける銘柄は下にほとんど下がらずに揉み合いを維持した後再度上げ始める傾向があり、窓を全て埋めるのならそこまで買いは強くないと判断した。

4.反省点

 国際石油帝石(日足) 1
上記の日足を見てもらえば分かると思うが、結局売りで頭を叩かれた格好になってしまった。チャートの形も悪いし、何で自分でも買いにいったかわからないくらいである。今回は特段良さそうな材料がなかったのであれば、売買は見送るべきだった。日経平均株価も軟調だったのだからあえて日経平均採用銘柄である国際石油帝石を買う必要はなかった。まだ値上がり率が高った石油資源開発を買っていた方が傷は浅かった。また国際石油帝石は厳密には鉱業の業種であった。原油であればJXTG(5020)である。この辺りを間違えるところがブランクを感じる。ちなみにJXTGって合併してできたんですね。JXHD時代の記憶しかない自分にはアップデートしないといけない知識がたくさんある。