1.損失をコントロールするとは?

 今日は損失のコントロールについて書いてみたいと思います。昨今の相場の急変にどうやったら損失をコントロールすることができるのだろうかと手法が探していらっしゃる方も多いかと思います。そのような場合、「損切りをちゃんとすればいいんだよ。」と思われる方も多いのかと思われます。しかしながら損切りを徹底するだけでは損失のコントロールには十分ではありません。

2.損失を積み上げないためにどうするのか?

 損切りを徹底していたとしても、昨今のスプレッドが広がった相場では見込みを誤れば損切りが繰り返し起こり、手持ちの資金の多くを溶かしてしまうこともあるかと思います。この損失を積み上げないための対処法は「1度損切りになったら、その日は取引を止める。」という方法が有効です。損失を積み上げてしまう原因について考えてみましょう。

3.損失を積み上げてしまう原因

 私が考える損失を積み上げてしまう原因は以下のようなものだと思っています。

・目の前のチャンスを逃したくない。
・ポジションを保有している間の心理状態が悪い。
・一度損失を出してしまって、さらに損失に対して寛容になっている。

4.目の前のチャンスを逃したくない。

 一度損切りをしたものの、目の前にいい形のチャートが来て、「このチャンスを逃したくない。」と思う衝動です。本当にいい形だったらいいのですが、損失を出した後というのは概して目が曇っています。従って単なる思い込みだったなんてこともよくあります。また新たな利益を獲得することと、損失を最小限に抑えることの2つを比較した場合、売買で生活していくに当たってどちらが優先されるかという言えば圧倒的に損失を最小限に抑える方が優先されます。従って新たに利益が取れそうなタイミングが来たとしても、心理的に損失を引きづっていたとしたらまずは気持ちを立て直すのが最優先です。気持ちがニュートラルにならないとチャンスもクソもありません。

5.ポジションを保有している間の心理状態が悪い。

 損切りがあった後は多かれ少なかれ気持ちが落ち込むものです。そんな時でもいい形のチャートが現れ、いいタイミングでエントリーできたとします。損切りを挽回できるチャンスではあるのですが、怖くなって損切り分を取り返して、微益に終わった場合はどうでしょうか?結果的には良かった訳ですが、このような場合もエントリーはすべきではなかったのではないか?と私は考えています。大きく取れる場面において大きく取れなかったということは大いに反省すべきですし、単純に次回から確定するのを我慢して利益を伸ばしていこうね。」という言葉では片付かないのがこの場面だと思います。恐らく反省しても次回も同じように取れません。なぜでしょうか?精神的に自信を持って保有し続けられないからです。こういった場合も大きな上げを逃したとしても、見送るのが正解だと思います。

6.一度損失を出してしまって、さらに損失に対して寛容になっている。

 最後に損切りをしてしまうと、次の売買も損失に対して寛容になりやすい、つまり慣れてしまうというのが挙げれると思われます。損失を重ねると1回も2回も同じと考えていませんか?もしくは8万円の損失を出してしまったら、10万円まではやってみるか?と考えたりしてませんか?この考え方が結果的に投資家を再起不能に陥れます。

 このように損失を出した時はその日はきっぱり取引を止めてしまった方が、長い期間トータルで見ると成績は良くなる場合が多いです。是非参考にされてみてはいかがでしょうか?