1.食器洗い機を使ってるだけど...。

 今日は皿洗いについて考えてみたいと思います。皆さんのご家庭では食洗機を使用されてますでしょうか?家事の時短が啓蒙されている昨今、導入済みのご家庭も多いのではないでしょうか?かくいう私も以前から食洗機を導入しております。

パナソニック 食器洗い乾燥機 シャンパンゴールド NP-TH3-N


しかし食洗機を何年も使っているとある気付きが生まれてくるようになりました。

2.食器も併せて最適化しないと意味がない

 本来、家事の効率化を目的に導入する食洗機ですが、食器の種類によっては入らないために2回に分けて洗うことがたまにあり本来の容量から考えると非常にもったいないなと思うようになったのです。当たり前のことですが、食器自体は食洗機を買う前からある物なので当然、最適化されていません。ですのでこれを機に食洗機に求められる食器の要件について考えてみたと思います。

3.食洗機に求められる食器の要件

 私の考える食洗機に求められる食器の要件は以下の3つです。

①器が小さい
②器の表面に凹凸が少ない
③丸い

では順を追って解説します。
 まず「器が小さい」食洗機の強みを活かすために器は小さい方が良いです。その方がきちんと整列し、数がたくさん入るからです。でも料理によっては大きい器も使うのでは全てを小さい器にすることはできないですよね?しかしよく考えると大きい器を使う理由に最後に洗うの楽だからという理由があるのをご存知でしょうか?確かに中華料理を始めとして大きい器を使う料理は多いですが、それはあくまで手で洗うことを前提に考えた場合ではないでしょうか?食洗機が導入された昨今、1枚洗うのと2枚洗う手間の差はそこまでなくなってきたように思えます。そうであれば大皿を使う料理もあえて小皿に盛り分けることで食洗機のスペースを有効活用することができます。また2つの内、1つを食べ残してしまった時もラップに包んで保存すれば次回気持ちよく食べられます。
 次に「器の表面に凹凸が少ない」ですが、食器はなるべく表面に凹凸がない方が良いと考えられます。その理由はあくまで水流で洗浄を行うため、食べ物と食器の摩擦が大きくなると食材が落ちにくくなり、2度洗いの手間になってしまいます。そのためニトリで売っている特殊加工された食器などもおすすめです。
 最後に「丸い」ですが、食器の多くは丸い物がほとんどです。この丸いというのはお皿ではなく、おわんというイメージです。食洗機はお皿の数よりおわんの数の方が遥かにたくさん入るように設計されています。そしてお皿に比べて中で安定して固定されるのでお皿同士がぶつかって破損するということがありません。そのためなるべくおわん上で、底が深すぎず、浅過ぎないものを選ぶととてもバランスが良くなります。
 以上、食洗機に合わせた食器選びでした。最後にうちの食器の中で最も食洗機との相性の良かったものを以下に載せておきます。是非、ご参考にされてはいかがでしょうか?

アデリア ガラス ボウル クリア 最大12×高4.8cm プレーン 6個セット 日本製 P-1188