1.事務所可物件の特性を知ろう

 今日は開業時の事務所選びについて書いてみたいと思います。トレーダーの方が独立開業した場合、できれば個人事業主として登録し、事務所の家賃を節税に役立てたいと考える方も多いと思います。そのため事務所を借りようかどうか悩んでいる人も多いかと思います。しかしながら独立当初は資金繰りの心配もあるためできれば、マンションなどの事務所可物件を借りて全体の家賃を抑えつつ、家賃の一部を経費として扱うのが一般的ではないでしょうか?通常、事務所可物件はマンションの管理規約で事務所として扱っても良いかどうかが決まっています。そのため賃貸マンションであれば、募集の内容を見れば書いてありますし、一部屋、一部屋持ち主が違う分譲賃貸マンションのような場合は管理規約でOKしていても、部屋の持ち主が禁止している場合もあるので、実際に内覧する時に確認されることをおすすめします。また物件によっては敷金を1ヶ月分積み増する必要があるとか、お客さんが訪問してくるような業態は駄目とか様々なルールがあったりします。

2.注意点

 基本的な注意点として、事務所可物件に限らずそもそもトレーダーとして審査に通るのか最初に考える必要はあります。もしあまり儲かっていない段階で独立するのであれば、会社勤めのうちに借りてしまうか、1年分の家賃を前納する等、ある程度こちらから提案する用意は必要です。もちろん大家としては保証会社の審査さえ通れば、家賃を取れないことはないので信用情報が傷ついてない人はすぐに借りられるかもしれません。トレーダーに限らず事務所可物件を選ぶ最大のポイントは防音性だと思っています。家族が入れば隣から声が聞こえてしまいますし、お客さんを呼んだ場合も話し声が漏れてしまいます。また事務所可物件は比較的駅近の立地に位置していることが多いので外の騒音が聞こえやすい環境にあります。そういった面でも防音性は第一条件として考えた方が無難です。
 事務所としても使うのだから広い目のところがいいだろうと考え、80㎡を超えるようなところもおすすめしません。将来、やっぱり事務所を別に借りたいと考えた場合、恐らく社宅扱いにすることになると思いますが、豪華社宅240㎡、小規模社宅132㎡など税制上不利になる場合が多いからです。
 以上、これらをご検討の参考にして頂ければと思います。