まずはFX(ドル円)を選ぶ

トレーダー・経営者向けのブログ

 当ブログは将来、FX(ドル円)で生活していきたい方向けに売買の手法を書いています。また経営者向けに店舗をGoogle化するためのノウハウを記載しており、日本全体の生産性向上に貢献することを目的としています。

カテゴリ: 経営

1.子育てをするようになって色々気付いた

 今日は子育て世帯がお店に求めるものについて書いてみたいと思います。私は子供が1人おりまして目下、懸命に子育てをしています。その中でも好きなカフェには今でも行くのですが、お店選びについては以下の点を重要視するようになりました。

①エレベーターがあること
②段差がないこと
③オムツ台があること
④ベビーカーがおけるくらい通路に余裕があること
⑤店内が静かなこと

ではこれらについて考えてみたいと思います。

2.お店づくりで重要なこと

 まずエレベーターについてですが、お店が地下にあったり2階以上ある場合は階段だと持って上がることはかなり困難なので、自然と避けるようになりました。また段差についても同様で店内にわざと段差を設けて装飾に工夫しているようなお店には行くことができなくなりました。1段程度の段差ならちょっと持ち上げれば済むのですが、2段以上になると精神的に億劫に感じます。さらにオムツ台があることも重要な要件になりました。ここはかなり重要ポイントでオムツ台がないとそもそもお店に長居できないので、必然的に避けるようになってしまいました。東京では新しいオフィスビルが増えてきたので、このような問題はあまり遭遇することはありませんが、地方であれば大変だろうなと思います。そして通路に余裕があることも重要です。そもそもラーメン屋みたいな物理的にベビーカーが入れないようなところは行くことができなくなりました。最後に店内が静かなことですが、これは比較的静かな業態であるカフェでも時折気になることがあります。子供がベビーカーで寝ている時が一番疲れを取るタイミングなので、店内の物音で起きてしまうと早急にお店を出ないといけなくなることがあります。

2.お店づくりで重要でないこと


 これらの対策を取ろうと考えるとどうしても平米数が必要になったりするので、経営者の方は悩まれるポイントだと思いますが、逆にそこまで必要のないものもあります。それはキッズスペースです。キッズスペースは平米数を取る割にはそこで遊ばせている親御さんはそこまで楽になる訳ではありません。囲いを超えてどこかで走って行ってしまうし、完全に手放しという状態にはなりません。ですからこれについてはあえて設ける必要はないのかなと思います。それよりもカウンターなどで注文を取る際に「おトイレの際は、お声がけ頂ければお子様のご様子見られます。」というサービスがあった方がありがたいような気がします。一人でベビーカーを押して店内に入る時、一番気を使うのはベビーカーを離れるタイミングだからです。トイレに行っている間に床に落ちているかもしれないですし、カウンターで注文している間に何かいたずらされてしまうのではないかと心配になったりします(実際そんなことがあったことはありませんが)。そのベビーカーを離れる時のタイミングでうまく接客できれば、継続的に顧客獲得が見込めるかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.「それは手段であって目的ではない。」ってよく聞くけど…。

 今日は「成果を出す上で最も必要なのは目的ではなく手段である。」という持論を書いてみたいと思います。これから書く話は特段データに基づいた話ではありませんので与太話だと思ってください。
 さて私は社会に出てから「それは手段であって目的でない。」というお叱りを受けたことがあります。恐らくそのような言葉は多くの方も耳にされたことがあるでしょう。この言葉が使われる状況は「目的まで辿り着けるのなら手段は色々あって良い。」とか、「手段の獲得自体を目的にするな。」と言った意味で使われるのではないでしょうか?

2.現実は手段に固執した人間が成果を出す

 しかし現実には目的を最重要視している人よりも、手段に固執している人の方が成果を出しやすいように思います。
 例えば受験においても「立派な医者になる。」という人よりも「とにかく受験問題の解き方を考えるのがおもしろい。」という人の方が医者になりやすいのではないでしょうか?またメディア経営においても「とにかく閲覧してくれた人を幸せにしたい。」と思って起業する人よりも、「とにかくweb開発が好き」とか、「You Tubeが好き」といった人の方が圧倒的に多いような気がします。

3.顧客主義でないと判断を間違える。

 一方で「顧客主義でないとすべきことと、そうでないことの判断を間違うのではないか?」という意見もあるかと思います。もちろんそれについては否定はしませんが、それを補ってあまりある成果に辿り着くのはやはり手段ではないかというお話です。分かりやすく説明するとたくさんの手段を持っている人とそうでない人とでは顧客のためにできることの数にも違いが現れ、結果的に差が開くという理屈なのではないかと思っています。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.事務所可物件の特性を知ろう

 今日は開業時の事務所選びについて書いてみたいと思います。トレーダーの方が独立開業した場合、できれば個人事業主として登録し、事務所の家賃を節税に役立てたいと考える方も多いと思います。そのため事務所を借りようかどうか悩んでいる人も多いかと思います。しかしながら独立当初は資金繰りの心配もあるためできれば、マンションなどの事務所可物件を借りて全体の家賃を抑えつつ、家賃の一部を経費として扱うのが一般的ではないでしょうか?通常、事務所可物件はマンションの管理規約で事務所として扱っても良いかどうかが決まっています。そのため賃貸マンションであれば、募集の内容を見れば書いてありますし、一部屋、一部屋持ち主が違う分譲賃貸マンションのような場合は管理規約でOKしていても、部屋の持ち主が禁止している場合もあるので、実際に内覧する時に確認されることをおすすめします。また物件によっては敷金を1ヶ月分積み増する必要があるとか、お客さんが訪問してくるような業態は駄目とか様々なルールがあったりします。

2.注意点

 基本的な注意点として、事務所可物件に限らずそもそもトレーダーとして審査に通るのか最初に考える必要はあります。もしあまり儲かっていない段階で独立するのであれば、会社勤めのうちに借りてしまうか、1年分の家賃を前納する等、ある程度こちらから提案する用意は必要です。もちろん大家としては保証会社の審査さえ通れば、家賃を取れないことはないので信用情報が傷ついてない人はすぐに借りられるかもしれません。トレーダーに限らず事務所可物件を選ぶ最大のポイントは防音性だと思っています。家族が入れば隣から声が聞こえてしまいますし、お客さんを呼んだ場合も話し声が漏れてしまいます。また事務所可物件は比較的駅近の立地に位置していることが多いので外の騒音が聞こえやすい環境にあります。そういった面でも防音性は第一条件として考えた方が無難です。
 事務所としても使うのだから広い目のところがいいだろうと考え、80㎡を超えるようなところもおすすめしません。将来、やっぱり事務所を別に借りたいと考えた場合、恐らく社宅扱いにすることになると思いますが、豪華社宅240㎡、小規模社宅132㎡など税制上不利になる場合が多いからです。
 以上、これらをご検討の参考にして頂ければと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.導入

 今日は事業者とサラリーマンの考え方について書いてみたいと思います。以前にも記事に書きましたが、事業者とサラリーマンでは正しいとされる考え方が逆であることが多いです。今回の記事は第2段として書いてみたいと思います。

2.債権

 例に取り上げたいのが債権です。一般的に事業者は売上を上げて、債権回収をして初めて現金が手元に入ってきます。そのため事業者は時に悪質な相手には法的手段を持って債権回収を行い、自分の権利をしっかりと主張します。当然のサイクルですね。しかしサラリーマン的な考えでは「事なかれ主義」が基本となるので、この権利主張を行うことは悪と考えられている場合が多いのです。「いやいや、業務上でもしっかり債権回収もやったことはあるし、悪質な業者には毅然と対応してるから、全然そんなことないよ!」と感じた方もいらっしゃるでしょう。ではそのような方に聞いてみたいのですが、自分の会社に対して賃金未払いの残業が1度でも生じた場合、会社に対して法的手段をもって請求していたでしょうか?恐らく、一度もしたことがないのではないでしょうか?また採用当初の雇用条件と現状が違う条件になってしまった場合、もとの条件に戻すよう会社に要求したでしょうか?ここまで書くと分かると思いますが、このようなことをすれば一般的な日本社会では問題社員として、ピックアップされ社内で村八分にあってしまうことが考えられ、本来あるべき社会の仕組みが機能しなくなっているのです。

3.「事なかれ主義」が悪いわけではない。

 こと事業者の視点で、誰かを雇うことを想定した場合、法的手段を持って権利主張してくる人とそうでない人であれば、まずしない人を雇う会社がほとんどでしょう。権利主張する人は社内での業務を増やす可能性が高く、組織の統制を破壊してしまう可能性すらあります。そういった意味では、事なかれ主義のタイプの人は一定の需要があると言ってもいいと思います。

4.自分はどちらのタイプか?

 そういった意味では独立する前に自分はどちらのタイプなのか、考えてみるのもいいかと思います。仮に「事なかれ主義」なら、「もしかしたら事業者には向いてないかもしれないな。」と考えるのもいいですし、「これからは独立してバチバチやっていくんだ。」と心新たにしてもいいでしょう。一方、そういう権利主張はこれまで臆せずにやるタイプだったし、組織で働くより独立した方が向いてると考えるのもいいでしょう。どちらの考え方で独立しても結局は売上が立つ時は立つ、立たない時は立たないというのが本質だとも言えるので、気持ち的な面で準備しておくくらいがちょうど良いかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.求められる付加価値とはその価値に対していお金を払うかどうか

 今日は求められる付加価値について書いてみたいと思います。ビジネスでよく言われる付加価値って実は求められるているものと、そうでないものがあるのをご存知でしょうか??実は以下の本にその答えが書いてあります。

デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論

 この書籍には日本人の考える付加価値がどのようなものであるか?その付加価値がどのように世界とズレているのかが詳しく書かれています。またそれ故、日本は一人当たりのGDP(生産性)が低いのだと結論付けているのです。以下に一例を紹介してみます。

2.働いている人の考える付加価値と顧客が求めている付加価値は違う。

 この書籍ではある旅館を例に話を展開しています。ある旅館の経営者が「うちの旅館は日本独特のおもてなしの精神からシーツがビシッと貼られていて、コインが弾むくらいの張りを持たせている。ここまでできるのはうちのホテルだけだ。」という趣旨の発言を聞いて、著者はあることに気づいたそうです。「日本の多くの旅館は人的なサービスは確かに素晴らしいが、未だにネット予約もできないし、電子マネーやカード決済ができないところがたくさんある、そもそも顧客に提供する付加価値を完全に履き違えているのではないか?シーツがピンと貼っていることに1万円余計に払う顧客がどこにいるのだろうか?」と思ったそうです。
 これを見た時、「確かに自分たちが考える付加価値と顧客が考える付加価値について考えたことはなかったな」と私自身も思いました。私がサラリーマンをしている時にもう少しこのようなことに気付いていたらと思うと少し後悔もしたものです。

3.末端社員はそれで良い。

 ただここで大切なのは末端社員はその考え方でも良いということです。通常、雇われたばかりの社員は仕事を創造する権限が与えられていないため、目の前の仕事をいかにきちんとこなすかに目線があっても良いとも思います。ただある程度権限のある方がそれでは上記で紹介した事例のようになってしまいます。これは顧客からあった要望をいち早く、叶える習慣をサイクルに組み込むということを徹底することが大切だと思われます。ある1つの要望を組織全体に組み込むまでどのくらいの時間がかかっているかが一度計ってみてはいかがでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ