まずはFX(ドル円)を選ぶ

トレーダー・経営者向けのブログ

 当ブログは将来、FX(ドル円)で生活していきたい方向けに売買の手法を書いています。また経営者向けに店舗をGoogle化するためのノウハウを記載しており、日本全体の生産性向上に貢献することを目的としています。

カテゴリ: 経済

今日は長期的な地方再生の方法について書いてみたいと思います。

将来、地元の地方再生を考えている場合、どのような方法があるでしょうか?

一般的に方法論としては、地元で起業して多くの雇用を生み出し、多額の納税をしつつ、余ったお金を自治体に寄附するというやり方でしょう。

どのような仕事がいいのかと言えば、恐らく日本全体か、海外へ向けて物やサービスを売る仕事がいいと思われます。

地元の人へ向けた物やサービスの提供は経済的なパイが限られているため、大きく成長させるには多くの人や企業を地元へ誘致できるだけのプロモーション能力が必要です。

そのくらいのプロモーションの力があれば、外に向けて物を売る方がたやすいでしょう。

このようなスタンダードな方法を取っているのがZOZOタウンですが、私は必ずしもそのような方法でなくても良いのではないかと思っています。

理由は今後も伸び続ける社会保障や、税金などがあるため人を雇えば雇うほど企業は成長する前に潰れていく可能性が高くなります。

しかも近年の風潮として雇用されたくないという若者が非常に増えたため、雇用しようというベクトルはミスマッチになってしまいます。

恐らく、今後の雇用においては極めて優秀な人を少人数、適度な給与で雇用するという方法がスタンダードになりそうです。

そうでなければ、商品の価格は高いのに、生産性が低いため、利益が全く稼げない、いつ潰れてもおかしくない企業が出来上がってしまいます。

もしビジネスを今後するとしたら、シンガポールのようなビジネスが早期にスケールするような仕組みのある海外で顧客の求めるものを探して提供し、大きくなったら日本法人の拠点を地元に登記するという方法になるかと思います。

これまで本社機能は東京に置くのが良いとされてきました。

理由は多くの大企業は東京に拠点を構えており、新規の営業や取引先への訪問、海外出張など様々な面で時間的メリットがあったからです。

しかしSkypeやLINEなどのオンラインの連絡方法が増えた近年では訪問して、挨拶をしてほしいと考えているところはある程度老舗企業のみだと考えられます。

そういう意味では移動をしない前提のビジネスモデルを作れば、十分田舎でも本社機能を担うことができるはずです(行政上きちんとしたビジネスインフラを提供できないという問題もあるかもしれないが、自治体にお金が入って多くの人を雇えるようになるまではなかなかサービス向上は難しいかもしれない)。

そういう意味では今後の田舎の人材育成の戦略としては、早期に先進国の海外へ留学させ、現地で就労できるようなら現地で起業するのが一番手っ取り早いと思われます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日はチェーン店に見られる無料WiFiについて取り上げてみようと思います。

チェーン店に見られる無料WiFiの正式なサービス名は「Wi2 Freeキット」といいます。

「Wi2 Freeキット」は初期費用が29,800円(税抜 )、月額費用500円(税抜)で提供されています。

これに個別契約するインターネット回線、インターネットプロバイダ(ISP)にかかる費用が上乗せされる計算です。

1回線で50台繋ぐことができます。

1点注意が必要な点はデータ通信が暗号化されていないので、通信に詳しい方であれば簡単に傍受できてしまうことです。

この無料WiFiは個人でも契約することができ、エリア内にお住まの方であれば、月額362円(税抜)で利用することができます。

個人情報を一切やり取りされない方であれば、非常に使い勝手のいいサービスです。

では「仕事でも使うし、個人情報もやり取りするんだけど安全な方法はないの?」という方のために「ギガぞう」というプランを用意されているようです。

月額500円で利用できるようですので、お店や地下鉄でしかwifiを使わない方にはよいかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は公的機関に勤める非正規職員について取り上げたいと思います。

タイトルにある通り、皆さんが失業者になった際に訪れるハローワークの職員の6割は非正規職員です。

しかも年収は200~260万円と言われています。

そして公的機関の非正規職員は「雇用」ではなく、「任用」という採用形態をとるため、実は一般の会社の非正規社員とは法律的な扱いが違います。

労働条件を提示して、双方合意して採用する「雇用」ではなく、条件提示して応募者を一方的に「任用」するため、途中解雇が法的な問題とならないのです。

また長期で非正規を続けると、正規で採用を義務付けられる「雇用」と違い、「任用」はそのような義務もありません。

さてこの記事で主張したいことは「公的な機関で非正規職員になると損しますよ」ということではなく、「自分がどのようなルールのもとに採用されているのかわからないまま自分の進路を決定していませんか?」ということです。

長い人生において、色々な意思決定の場面がありますが、自分がそのルールを理解しないまま採用されている人が低所得に陥りやすいという現実があります。

労働法〔第7版〕 [ 水町 勇一郎 ]

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ