まずはFX(ドル円)を選ぶ

トレーダー・経営者向けのブログ

 当ブログは将来、FX(ドル円)で生活していきたい方向けに売買の手法を書いています。また経営者向けに店舗をGoogle化するためのノウハウを記載しており、日本全体の生産性向上に貢献することを目的としています。

カテゴリ: その他

1.サラリーマンにおける労働環境

 今日はサラリーマンをしていて、会社に対して裁判を検討している方向けに記事を書きます。昨今、社内の労働に対する目が厳しくなり、パワハラ、セクハラ、解雇など様々な焦点に行政の目が注がれる世の中となりました。そういった意味では社会がより法令遵守の方向へ流れていて大変喜ばしいことですが、一方で今でもそのような働きにくい環境は残っているという声は聞こえてきます。逆に経営者側からすると管理コストが極めて高くなり、各種社会保険料率の上昇と相まって経営を圧迫する対象となっています。通常、会社が明確に労働法に違反している場合は社員が経営者に対して是正を求め、経営者はそれを会社の問題点として1つ、1つ解決していくものですが、なかなか現実はそのようにいかないものです。

2.会社の労働環境が改善しない理由

 会社の労働環境が改善しない理由はいくかあるかと思いますが、私の考える理由は以下の通りです。

・そもそも経営者の多くは労働法を学んでから起業するわけではない。
・雇われた社員自身もその会社に研修等がない限りは、管理者であっても知らないケースはある。
・ビジネスモデル自体が薄利多売のため、法令遵守のために人的リソースを割く余裕がない。
・経営者に進言した場合、今後の就労環境にデメリットが及ぶ(例えば『自分が社内にいない時に悪い社員の事例としてその事を話題に上げられた』などの話をたまに耳にしますが、それは名誉毀損に当たる可能性があるのでまた別の話で慰謝料請求を行えば良いと思います)。

3.サラリーマンが労働裁判を起こすと...。

 さて比較的法律に詳しく、行動力のあるサラリーマンの方ですと会社相手に裁判を起こす方もいらっしゃるかと思います。しかし一般的にはそれは費用倒れになるケースが多いです。その理由は仮に月額20万円の給与の方が、不当解雇を訴えて1ヶ月分の給与を会社から勝ち取ったとしても、弁護士費用の着手金だけで30万円程度はかかるためです。もちろん弁護士費用を超える給与を支払える企業で働くサラリーマンの方は裁判を起こすメリットはあるかと思いますが、末端従業員に600万円とか700万円支払える企業は法令の遵守もしっかりしていて、トラブルになるケースは非常に少ないのが現状です(もちろん高い給与を維持するためには高い売上が必要になるため、それに伴うプレッシャーは高くなりますが)。

4.給与の低いサラリーマンはどうすれば良いのか?

 このような状況のため労働相談というのは需要は多いけれども、なかなか弁護士を立てて交渉しづらい分野となっています。では給与が低いサラリーマンはどのようにすれば良いでしょうか?一番良いのは給与の高い会社へ転職することですが、それよりも目の前の問題を解決したいと考える方は労働審判を使って自らが交渉の場に立つことをおすすめします。労働審判とは労働審判官(裁判官)1人と労働関係に関する専門的な知識と経験を有する労働審判員2人で組織された労働審判委員会が、個別労働紛争を、原則として3回以内の期日で審理し、適宜調停を試み、調停による解決に至らない場合には、事案の実情に応じた柔軟な解決を図るための労働審判を行うという紛争解決手続です。裁判に比べ比較的早く決着が付くためおすすめの方法です。このような手続きをすることはやはり気が引けるという方もいらっしゃるでしょうが、経営者は会社の利益を第一に考え、従業員は自分の利益を第一に考えることで初めて両者が拮抗してお互いの領域が保たれるわけですから、利害関係がきちんと拮抗しているかはどんな組織においても重要なことです。
 もしご興味があれば試して見てはいかがでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.物を売ることとは何か?

 今日は「物を売る」ということについて考えてみたいと思います。商売の基本である物を売るという行為はどのようなことなのでしょうか?私はこれを「結論ありきの言葉遊び」であると考えています。こと銀行や証券の営業マンの方でなどで「お客さんはこれを買っても儲からない。本当にこの投資信託を売ることが顧客のためになるのだろうか?」と葛藤されている方は多いと思います。これは手数料が高いことからかなりの値上がりが見込めないとその手数料分もペイしないことから、ある種金融業界では常識なのです。しかしながらどんな業種においても、自社製品を上回る製品というのは存在するので多かれ少なかれ、そのような葛藤を抱えながら営業をされている方は多いのではないでしょうか?

2.顧客第一主義という哲学的袋小路

 一度、このようなことを考え始めると特定の方は「本当は顧客のためになってないんじゃないか?」、「もっと顧客のためになる提案があるんじゃないか?」という迷路に迷い込んでしまうこともあるかと思います。ただこのようなわだかまりを抱えて仕事をしていては、目の前の成果を上げることはできないものです。あくまで売るという役割を与えられた以上、建前なしに書けば顧客が得しても、損しても売らなければならない訳です。もちろん本当に顧客のことを考えて「損すると思ったら売らない」という選択肢は取ることはできます。所詮、サラリーマンですから営業をしていれば、成果が出ようと出まいと最低額の給与はもらえるわけなので。

3.自分の正義を貫きつつ、成果を出すためには何をしなければならないか?

 のらりくらりやって行くのに抵抗がない人はそれで良いかもしれませんが、自分自身が成果を出せずにいることに対して我慢できない方もいらっしゃるでしょう。そういった方はどのようにすれば良いのでしょうか。そこで冒頭に書いた言葉を思い出してほしいのです。私は商売とは「売るという結論ありきの言葉遊び」の世界だと思っています。何かを売ろうと思った時、例え話を考えてみたり、データを引っ張って来て根拠を示したり、論理的に見えるように話を組み立てたり、人は色々な工夫をします。このような営業トークを大真面目に科学的な視点で分析し、考え、検証するとボロボロに見えてしまうのは当然なのです。だってそもそも初めから結論が決まっているのですから。しかしこのような一見して無意味な言葉遊びの技術も極めれば、色々な物が売れるようになります。結果的に顧客の利益になる商品を扱えた時や、必要としているお客さんに出会ったタイミングで営業できた時、きちんと売ることができ、役に立てるようになるはずです。そのためにできるだけ多くの人にアプローチしなければいけませんし、本当に顧客の利益になる出会いがあったら確実に決めなければなりません。そのような行動を繰り返していけば、「俺はあえて手数料の高い投資信託を買って、儲けを出し、周りに投資の力を誇示したい。」という変わったニーズを高確率で掘り起こせるようになるかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.ある都内の小学校事情

 今日はある都内の小学校のテスト事情について書いてみたいと思います。多くの親御さんは自身のお子さんが学校の授業について行けているかどうか気になるところだと思います。うちの子は将来大丈夫だろうかと心配になることもしばしばかと思います。そこで今回は都内の小学校のある1例を赤裸々に取り上げることによって現状を少しでも正確に把握してもらおうと思います。

2.テスト

 今回取り上げる小学校は五つ星でいうと3.4のいたって普通の公立小学校を取り上げます。あくまでの一例ですので、これが都内の小学校の全体のイメージではありません。ただ有名私立のような人気校ではないので母集団にはある程度近いかと思います。
 さてそのインタビューした人は小学校はほぼ全科目6年間オール100点だったそうです(一学期に1つくらい95点があったかもしれないと言っていた)。この話を聞いて単純に「その人がすごいだけなんじゃない?」と思うかもしれませんが、大体周りの友達も100点くらいだったそうです。たまに悪い人で80点の人がいるくらいだそうで、60点とか取ろうものなら前代未聞的扱いだそうです。私が通っていた地方の小学校は点数の取れる子はたまに100点は取っていたと思うが、点数の悪い時は普通に30点とか取ってたと思う。

3.中学受験に向けての塾通い

 なぜこのような差が生まれるのか不思議だったので聞いていくと都内の小学生はほとんど中学受験に向けて塾通いをしているからテストに出る問題は予め知っているのだそうです。中学受験に出る範囲が10だとすると小学校で習う内容の範囲が2くらいだそうなので「知ってて当然」という感覚なのだそうです。だから予め塾で習ったものが小学校のテストで出ている感覚なのだそうです。これを聞いてなるほど小学校の間で既に地方と都内では相当な学力差が生まれているのだなと気付かされました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.通信会社はどこを使っているのか?

 今日は通信環境について書いて見たいと思います。トレードをする時や仕事をする時、重要となるのが通信環境です。皆さんはどのような通信会社を契約しているでしょうか?現在、私が契約しているのは楽天モバイルUN-LIMITのe-simとFUJI wi-fi 50Gプランです。Pixel4aに搭載して使っています。これまでは通話simとしてエキサイトモバイルの3枚コースとグローカルネットの無制限プランにしていましたが、乗り換えました。本来、FXのトレードだけ考えると200kpqs程度の格安simだけで事足りるのですが、テザリングでパソコン用にもネットが必要なためこの組み合わせにしました。

2.通信会社を別ける重要性

 まず資金的な余裕があるなら通信会社を別けることは重要です。以前、ソフトバンクの通信障害が起こった際、グローカルネットが使えなくて困ることがありました(グローカルネットはソフトバンクの電波を間借りしているため)。そのため今回は通信会社を別けることにしました。楽天モバイル圏とソフトバンク(FUJI wi-fi)に別けました。※FUJI wi-fiはギガ数のプランによってドコモ、au、ソフトバンクと3つの電波圏の中から選べるので、自分の通話simの電波圏と違うものを選ぶと良いかもしれません。

3.費用の変化

 次に費用についてですが、以下のような変化になりました。
・エキサイトモバイル最適プラン3枚コース通話シム2枚2,695円÷2人=1,348円→楽天モバイルUN-LIMIT3,278円

・グローカルネット無制限プラン4,378円→FUJI wi-fi 50Gプラン3,190円
差額 5,725円ー6,468円=743円

結果的には月額743円の固定費増となりましたが、楽天モバイルの電波圏が問題なければ、FUJI wi-fiを解約するという手段もありかなと思っています。

4.まとめ

 最後にスマホ選びについて注意喚起をしておきます。このように通信会社を別けておくとどこかの通信会社にトラブルが起こった場合でも、別の通信会社へ切り替えることができ通信が滞らなくて済みますが、対応しているスマホかどうか確認する必要があります。私が楽天モバイルを選んだのは通話simかつ、e-sim、無制限通信の3つが揃った通信会社ここしかないからです。※データ通信のみのe-simはあるのですが、それだとsimが2つ入るスマホでないと使えないので、スマホを選ぶのに都合が悪い。もちろんe-simに対応しているスマホも少ないので(特にAndroid)自分のスマホの対応状況はよく調べる必要はあります。以下に紹介のIDも貼っておきますので、ご興味のある方は調べて見てはいかがでしょうか?
紹介ID→gRgQVx4F7PNG

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.これからのスキル

 今日はこれからのスキル教育について書いてみたいと思います。私は将来社会人の基本スキルがExcelからPythonに置き換わるのではないかと考えています。理由はプログラミングが異常に流行ったことで、そういったIT人材しかできないと思われていた常識が覆ったこと、これからの世の中は仕事を行うことよりも置き換えることが中心になるため、その意味でもExcelのVBAよりも機械学習などできることが多いことが挙げられます。PythonはGoogleでも社員の標準言語として採用されており、IT企業からも一定の支持を受けていることが分かります。

2.ExcelをPythonに置き換えるとどんなことができるのか?

 ではExcelをPythonに置き換えるとどんなことができるのでしょうか?例えばデータの分析ツールがたくさん揃っていることが挙げられます。Execlにもたくさんの分析ツールが揃っていますが、それよりも更にたくさん揃っているイメージです。そのツールは機械学習などの未来予測に使えるものから、Excelのような表計算、外部のツールと連携できる選択肢も多様です。例えば並び替えの処理一つとっても、Excelはフィルタをかけて行を並び替えることしかできませんが、Pythonであれば列も同時に並び替えることが可能です。またExcelであれば行は1,048,576まで、列は16,384までに限られますが、PythonはColaboratoryの有料版を使えばPCの性能に関わらず、ほぼ無限に大きなデータを扱えます。

3.Pythonに置き換える意味

 もちろん万人に習得をお勧めするスキルかといえばそうではありません。仕事では体を使うことが主な人や、感覚が最も重要視されるような職業の方であれば、その習得時間を本業の勉強に充てたほうが良いかもしれません。しかし経理のような数字を扱う職業や、物書きを中心とする文字列を扱うことが中心の人にもお勧めできるスキルです。その理由は言葉を扱う処理能力が飛躍的に向上したため、大量の文章を要約したり、外国語に翻訳したり、取材してライター業を行う人などはかなりの部分を代替できるかもしれません。

4.どのような学び方が良いか?

 では具体的な学び方はですが、基本的にプログラミング言語はインターネット上に無料で情報が公開されているので、それを調べて学べば良いと思います。ただ最初は大きな概念を分かってない状況だとエラーが発生するたびに1日、2日と足踏みする時間が長くなりがちなのでAidemyや書籍などで基礎だけ学んでおくと足踏みなくスムーズにいくと思います。
 このように社員のスキル教育をPythonに置き換えることで、業務効率を極めて高くできるかと思います。特に今自分がやっている仕事が売上に貢献しているかどうか、不透明な仕事であればあるほど、色々な項目を設定して売上に対する寄与度を確認できるので、結果に繋がりやすいかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ