今日は日本と海外の雇用契約の捉え方の違いについて考えてみます。私は日本の雇用と海外での雇用の捉え方が違うなと感じることがあります。私の感じる日本の雇用契約は『採って頂いてありがとうございます。』という従属関係、一方、海外は『条件が折り合えば、一緒に働きましょう。』という対等な関係であるように思います。もちろん謙ることはある種、お金を貰っているから当然と考えているのか、これまでの実績が違うのだから実績が低い方が謙るのは当然だと考えてそうなのか、目上の人は敬うのが当然だと考えてそうなのか、人によって理由は違えどそのような振る舞いは多いと感じてきました。一方、海外の人はバラツキはあるけれども、やりたくないことは『やりません。』と断るし、できないと思うことは『できません。』とハッキリ言う人が多いように感じてきました。一般的に海外での雇用は契約時に明確な担当業務が決められており、それ以外の業務をさせることは契約違反として捉える人が多いからそうなのかなと感じます(日本は労働契約を守ることよりも、高度成長期の慣行が強い、もしくは長期雇用かつ、解雇が難しいという法律が配置転換を前提として作られているため、それが逆に法令順守の妨げになっている)。しかし日本でこれを地で実戦すると痛い目に遭うことが多いと思います。するとどうしても建前重視のコミュニケーションが主体となってしまい、本人の持つ本音が引き出せなくなることが多くなります。こういった本音を引き出すために飲みニケーションの場を設けたりして工夫を図る訳ですが、始めから本音でコミュニケーションが取れていれば、このような場を設ける必要もないので、合理的なような気がしています。