まずはFX(ドル円)を選ぶ

トレーダー・経営者向けのブログ

 当ブログは将来、FX(ドル円)で生活していきたい方向けに売買の手法を書いています。また経営者向けに店舗をGoogle化するためのノウハウを記載しており、日本全体の生産性向上に貢献することを目的としています。

カテゴリ: 経営

1.Uber Eatsのクーポン

 今日はUber Eatsと価格設定について考えて見たいと思います。皆さんはUber Eatsを活用されたことがあるでしょうか?アプリで注文すれば、色々な飲食店から商品を配送してもらえる便利なサービスです。初回利用であれば、なんと1,500円分のクーボンがもらえます。もしあなたが飲食店を経営しているとして、新規のお客様をUber Eatsを通して獲得したいと考えた場合以下のように値付けをすると新規顧客を取りやすいかも知れません。

【メニュー】
・唐揚げ  700円
・野菜セット500円
・ご飯   200円
・スープ  100円
合計    1500円(税込み)

2.税込金額で1,500円に合わせる。

 どういう意図が分かりましたでしょうか?そうです。クーポンの合計金額にメニューのトータルの金額を合わせるのです。そしてそれ以外のメニューは一切表示しないという方法を取ります。もし他のメニューを表示するなら、調整メニューを必ず置くべきです(ポテトS100円みたいな)。お店側の都合で考えると100円の商品は108円と表示したほうが、実務上管理がしやすいのでついついそうしてしまいます(デリバリーは消費税率8%のまま)。しかし顧客側の視点で見るとやはり計算しやすい値段の方が、利便性を感じやすいものです。そして表示してあるメニューがちょうどクーポンの金額と同じになることでフィット感があるため、そのお店を決めやすくなります。

3.価格表

 以下の表のように値付けをして、合計を調整します。 

値段消費税税込金額
¥93¥7¥100
¥186¥14¥200
¥278¥22¥300
¥371¥29¥400
¥463¥37¥500
¥556¥44¥600
¥649¥51¥700
¥741¥59¥800
¥834¥66¥900
¥926¥74¥1,000
¥1,019¥81¥1,100
¥1,112¥88¥1,200
¥1,204¥96¥1,300
¥1,297¥103¥1,400
¥1,389¥111¥1,500

4.他のクーポンにも応用できる。

 このような値付けは他のクーポンにも十分応用できます。しかし一方で値付けは理想の売上から逆算して決定したり、地域の相場から決めているお店もあるので、お店で食べる場合とあまり金額が乖離しすぎないように注意が必要です。『そんな細かい金額を気にする客層はターゲットにしてない。』というお店もあると思いますが、そういった客層の方は一度お店を決めたらリピーターになりやすいのです。ワンコインの500円弁当をずっと食べ続ける心理に似ています。人は昼食のために毎度頭の中で計算などしたくないのです。こういった客層は混み合う時間帯などを避け、来客のタイミングをコントロールすれば良いかと思います。ただデメリットも1つあります。今後、消費税が上がった際に価格転嫁しにくくなります。108円の商品を110円に変更してもお客さんはすんなり受け入れますが、100円の商品を切りのいい数字で転嫁しようと思うと200円になります。これでは消費税率が上がったから値上げしたという理由だけでは説明がつきません。するとどうしても100円のまま維持して、消費税率が上がる度に利益が削られていく格好になりやすいのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.企業のトラブル

 今日は業務上のトラブルとその再発防止について考えてみたいと思います。企業では業務上に何らかのトラブルが発生した場合、早急に再発防止を図らなければなりません。しかし同じトラブルを何度も起こして、何年経っても同様のトラブルでニュースになる企業も少なくありません。なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?恐らくこれには業務の優先順位が関係しているのではないかと考えています。

2.再発防止策の策定と実行に膨大な時間がかかる

 いち企業として、再発防止は考えなくてはなりませんが、業務の優先順位も重要です。目の前に納品期限の迫った仕事があれば当然そちらが優先になりますし、上司から急ぎの仕事を依頼されれば、もちろんそちらも優先されます。結果、トラブルが起こってから、1週間、2週間経った後でやっと着手し、「どんな経緯で起こったんだっけ?」と資料を見返しながら、会議にかけるために資料を作り始めるわけです。下手をすると違反した根拠条文すら見返すこともなく(最も多いケース)、会議に形式上かけて終わりにしているところも少なくありません。

3.最良の選択とは

 なぜこのようなことが起こるのでしょうか?それは業務の優先順位の付け方が間違っているのではないかと思っています。私が考える優先順位は日々の業務はその他の人的リソースを総投入して、その担当者から切り離し、切り離した担当者はトラブルの再発防止に最優先で取り組ませるというのが良いのではないかと考えています。日々の売上目標や期日の決まった仕事があるとどうしてもいち担当者の判断基準ではそちらを優先してしまいがちですが、後々の影響を考えると再発防止の方が圧倒的に優先度が高いのです。仮に売上の目標を10%上乗せできたとしても、同じトラブルが2回目、3回目と起これば、その人的対応コストや信用毀損などで簡単にその10%は吹き飛びます。そういった場合、管理者が担当者の様子を確認しながら、一旦全ての業務を取り上げ記憶が新しいうちに解決まで自走させるの最良です。ただいち担当者の改善案は「〇〇というチェック項目を増やします。」とか「2人でチェックする体制にします。」といったものが多数を占めるので、改善方針はプログラムによるチェックを行うようにある程度指針を示す必要はあるかと思いますが。

文章構成

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.趣味の違う個人

 今日は「みんなで野球をするのが好きな人と一人で読書をするのが好きな人がどうやって一緒に遊ぶか?」について考えてみたいと思います。通常、社会には趣味の違う様々な個人が存在します。昨今、SNSが発達したお陰で趣味の合う仲間を見つけやすくなり、より過ごしやすい世の中になったてきたと感じています。将来的にはこのような繋がりの細分化は増々進んでいき、個人レベルでは違う趣味の方と関わることもなくなって来るかも知れません。一方で会社や学校においては時代の上では暫定的なのかもしれないですが、一緒の時間を過ごして、同じ仕事や勉強、遊びなどやらなくてはならないというのが現実です。そういった時、タイトルのような趣味の違う相手と同じ事柄にどのように取り組めば良いのでしょうか?

2.自分とは何もかもが違うという前提で接する

 まずコミュニケーションですが、「自分とは何もかもが違う」という前提で始めなければなりません。自分の持つ常識も、良いことも悪いことも、ルールも全てです。当然、コミュニケーションを主導する側は価値観の押し付けにならないように相手の意見を逐一確認しながら、お互いの共通の価値観を形成していく必要があります。当然ですが、野球好きがいるからといって野球で遊ぶことや、読書好きがいるからといって読書を遊びに選ぶことは、もちろん価値観の押し付けになります(交互にお互いの好きな遊びを楽しめばいいじゃないかという意見もあるかも知れませんが、仮定として1つだけしか遊びは選べないこととします)。

3.遊びの種類は予め与えられている

 仮に学校を想定した場合、遊びは予め決められています。サッカーなのか、お絵描きなのか、楽器を演奏するのかは分かりませんが、遊びは予め与えられています。ここで重要なのは、遊びを決める前にお互いに相手と遊ぶと楽しい、もしくは何かが上達するなどメリットがあるという認識を持ってもらうことです。この認識が欠けている状態だと、一緒に遊んでも長くは続かないことがあります。つまり両者が自分の趣味以外で、何を楽しいと感じるか?、何を上達したいと考えているか?を軸に遊びを決めると良いわけです。
 チームビルディングは管理職を悩ます問題ですが、チームの構成員の配置を決める前にこのような内容を確認すると良いかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.文章を正しく読む重要性

 今日は「文章を正しく読む」ということを書いてみたいと思います。昨今、メールやSNSの活用が広がり、文章を正しく読むということの重要性が増しきました。私自身は結構「て、に、を、は」を間違えたりするので、あんまり得意な分野ではないのですが、書いてみたいと思います。

2.トラブル、ミスを全体に共有することは効果が薄い

 会社でよく、トラブルやミスが起こった際全社員に向けて「○月✕日、△△△というミスが起こりました。社員の皆様、十分にご注意ください。」というようなメールを見たことはないでしょうか?このようなメールを送る動機は一人一人に注意喚起するより、手間がかからないので合理性を重視して再発防止を呼びかけていることが多いものと思います。実はこの注意喚起は非常に効果が薄いばかりか、思わぬ弊害を伴う可能性があります。このメールを見たミスを起こした本人は「暗に私のことを責めている。」という風に受け取られることが多いからです。その後、メールを送った人に抗議が来る可能性があります。送った本人の動機は同じようなミスをする人があまりに多いので注意喚起したつもりが個人攻撃したような取られ方をしてしまうのです。ある意味バーナム効果に近いことが起こるわけです(誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分、もしくは自分が属する特定の特徴をもつ集団だけに当てはまる性格だと捉えてしまう心理学の現象)。どのような時に勘違いが起こりやすいかというとミスを犯した直後などのタイミング、自分自身に当てはまる文章の数、普段よく指摘されるキーワードなどがそれに当たります。またこの手の共有方法でミスが少なくなったという現象を見たことがないので、個人的には効果がない方法なのかなと思っています。

3.社員の生産性を犠牲にしない

 このようなメールはもちろん関係のない部署の人も目にするわけですから、その人達の生産性も犠牲にしている点からもいい方法とは言えません。せめてその業務を担当している人達だけに留めるべきです。このような注意喚起が積み重なると一日中、メールを読むことが仕事になってしまいます。

4.文章を正しく読むコツ

 ではどのようにすれば、文章を正しく読むことができるのでしょうか?まず宛先を確認しましょう。宛先が全社員向けなら、ミスを犯した個人へ宛てたものではないことが分かるはずです。もし自分がミスした本人であれば、変にストレスを感じる必要もないですし一歩引いてメールを見ることができるはずです。また行間を読みすぎないということも重要です。書いてある文章以上に意味を推測しすぎないということです。ミスコミュニケーションが生じる時、上記のように「自分のことが責められている」という風に受け取りがちです。SNSなどで注目を集める方の中でこのような方法を逆に利用している方もいるくらいです。宛先や文章中に自分の名前がないなら他人事として受け取るくらいの方が円滑なコミュニケーションを取ることができるでしょう。このようなことに注意していけば、他人にコントロールされることも少なくなりますし、より前向きな人生を送ることができるでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1.社長から見ると従業員は馬鹿にしか見えない?

 今日は従業員のプロとしての教育について考えてみたいと思います。多くの会社は従業員にもっとプロ意識と責任感を持って仕事をしてほしいと思っています。しかしどんなに熱心に教育しても、それらをうまく達成できている会社は少ないものです。このプロ教育ができない原因は様々あると思いますが、大きく2つの点を抑えられていないからだと思っています。それは「プロとして扱うこと」、「プロ相応の対価を払うこと」の2点だと考えられます。

2.プロとして扱うこと

 まず「プロとして扱うこと」これが最初の難関です。社長と従業員が話をしていると社長にとって従業員が馬鹿にしか見えないという現象が往々にして起こります(中小企業社長あるある)。これは従業員は普段、仕事という作業に従事しているため、経営陣がしてほしい仕事の性質を理解できていないために起こります。長い目で育てればいいと考えている社長さんでも、数年経ってもあまりに成長してない従業員に愕然とすることがあります。これはある種当たり前の現象で、社長と従業員の可処分時間は圧倒的に違うことから起こります。そもそも情報収集する時間に雲泥の差があるので、差が開くことはあっても縮まることはないのです。もしそれを解決したいなら、従業員に作業をさせないで完全フリーにして情報収集に専念でもさせない限り、変わることはないでしょう。またいわゆる部下の尊厳を守るという視点も重要です。昔は、部下を叱責して1発小突いておけば良かった時代もありましたが、現在のマネジメントは非常に難易度が上がっています。このような指導をすれば一撃でアウトです。これをしないためには、自分の部下を自分の部署のキーマンと仮定して接することが有効です。「この人に辞められたら本当に困る」という雰囲気で接することです。何をするにもなるべくお伺いを立て、プロとしての意見を拝聴するというスタンスで接すれば、部下自身もプロとしての自覚が芽生えます。上下関係が崩れてしまうことを恐れ、そのようなスタンスを取れない人もいらっしゃるかと思いますが、会社としてみれば上司が下に見られることなど、部下全員がプロとして仕事をしてくれることに比べれば些末なことです。

3.プロ相応の対価を払っていないこと

 次に「プロ相応の対価を払っていないこと」ですが、これは新人の時から高い給与を払うという意味です。そもそも新人の時は売上に貢献できていないのだから、高い給与を支払うことはありえないという考え方もあるかと思います。ここで書いているのはあくまでプロとして育てるためには何をすべきかという視点で書きますので、事業上の採算を考えれば歩合の方が良いことはいうまでのありません(私も本来はそれで良いと思っている派です)。ただ一方で早期にプロとして育ってほしいと考えるならば、報酬も合わせて支給する方が本当にプロして扱われている認識は芽生えるでしょう。私はたまに20代後半で1000万円くらい支給されている人と会ったりしましたが、ほとんどはしっかりしていました。もちろんベンチャー企業です。
 以上、参考にして見てはいかがでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ